季節やシーン別の子供服

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

秋や春の子供服

子供服を選ぶ上で、一番難しいと言われているのが秋や春の季節の移り変わり目ですが、同じ秋でも初秋と晩秋では気温差が20℃以上ある場合もあるので、秋や春に子供服を選ぶ場合は寒いときようと暑いときようで揃えておくことをおすすめします。
子供が風邪引きやすい時期と言われているのが、秋や春の季節の変わり目ですが、秋や春は朝晩が寒いものの、日中の気温は高くなる場合が多く、朝晩と日中の気温差が大きくなることによって体調を崩しやすくなります。
幼児になると自分で暑い、寒いということが言えるようになるので、すぐに洋服を変えることで温度調節をすることができますが、乳児や新生児になると自分では言葉を発することができないので、慎重に服を着させる必要がありますが、圧迫感があるため重ね着にも気を付ける必要があります。
乳児や新生児は子供服を着て気温調整をしているので、常に赤ちゃんの発汗具合や体温の状態を確かめながら服を選ぶことが大事ですが、お腹が減って泣いたりおむつが不快間で泣いたりするように、洋服と気温が合っていない場合は泣いて知らせてくれますが、そうならないように調整することが大事です。
秋や春はおしゃれな子供服も多いため、ついついかわいい子供服を中心に購入してしまいがちですが、素材によって汗の吸収率が変わり、保温効果も大きく変わってくるので、朝晩と日々の気温差が大きい秋と春だからこそ素材にこだわった子供服を選ぶことが大事だと言えます。

夏の子供服

夏は日による気温差は少ない時期ですが、暑く熱中症や脱水症状になるリスクが高くなるので、夏の子供服選びは夏の暑さに応じた子供服選びが大事と言えます。
夏は大人でも汗をたくさん出しますが、子供は大人に比べると新陳代謝が活発ということもあって、大人に比べるとさらに汗を出しますが、汗を出して汗が乾燥することによって、気化熱を奪われることになり、体温が下がってしまいます。
これはシャワーを浴びて放っておくと寒くなるのと同じ原理ですが、子供は大人に比べてこの現象が起こりやすいという特徴があることから子供の子供服を選ぶ場合は汗を出しても吸収してくれる素材の子供服を選ぶことがポイントです。
また、子供はたくさん動くので汗を出したらこまめに着替えをすることが大事なので、夏用に子供服を購入する場合は、特に一番下に着る薄着の替えをたくさん買っておくことが大事で、最低でも3枚以上は用意しておきましょう。
小さい子供になると意思表示が難しくなるので、暑い寒いと上手に伝えることが難しいかと思いますが、基本的に夏場は薄着一枚で十分なので、余分に重ね着をさせないようにしましょう。
また、夏の子供服は吸湿性が大事ですが、吸湿性だけでなく外気がスムーズに通る通気性も重要で、吸湿性だけ高くても通気性が悪いと熱気が服の中に溜まるので、できるだけ空気が通りやすい生地をおすすめしますが、ガーゼやフライス、パイルと言った生地は通気性も良く吸湿性も良いのでおすすめです。

冬の子供服

子供服を選ぶ場合に悩みが多くなるのが冬ですが、寒い地域になると部屋の中を暖めているところが多いため、同じ冬でも室内と室外では子供服も変わることになります。
昔は子供服を購入するにも、大人と同じくらい金額のする子供服が多かったのですが、安い海外製の子供服が多く輸入されるようになったことに加えて、昔に比べるとインターネット環境が充実したと言うこともあって、選択肢が増えてその中から気に入った子供服が手に入るようになりました。
冬用の子供服は金額が高いのが普通で、一着購入するにも結構な金銭的な負担でしたが、最近ではダウンコートが千円程度で購入できるようになり、以前に比べると安く冬用子供服が手に入ることになりました。
また、子供は思っている以上に成長が早いのでそのシーズンに購入した冬用のダウンも翌年に着られなくなると言うことも考えられますが、翌年も着られるようにするためには少し大きめのサイズを購入しておくとよいでしょう。
冬の終わりころに近づくと、子供服販売店やインターネット子供服通販サイトでは大幅な値引きを伴うセールをするのが普通ですが、この時期になると500円程度で子供用のダウンが手に入るため、来年用として購入しておくとお得です。
ただし、子供がどのくらい成長しているのかは予測がしにくいという点もあるので、来年用のダウンや冬用子供服を購入する場合は、予想される大きさよりも少し大きめの子供服を買っておくと良いでしょう。

パジャマの選び方

子供は風邪を引きやすいのが一般的で、特に新生児のように小さい子供ほど風邪を引きやすい傾向があるので、風邪を引かないように日頃から注意する必要がありますが、寝ている間にも風邪をよく引くので、睡眠中に風を引かないように布団や洋服で上手に体温調整をすることが大事です。
寝る前は体温が比較的温かいのですが、寝ていると体温が下がってくるため、寒く感じるようになりますが、寝相が悪い子供が多いので布団をこまめにかけ直すことが大事で、風邪を引かないように工夫をする必要があります。
また、子供に限らず寝ている時は汗を出すのが普通ですが、汗が体内から出ると皮膚に水分が付着することになりますが、付着した水分が乾燥して蒸発することによって肌から気化熱が奪われてしまい、余計に寒く感じてしまうようになります。
そのため、寝ている時は吸水性の高いパジャマを着て寝ることが大事ですが、吸水性の高いだけのパジャマだと吸い取った水分が生地に残ったままになるため、寝ている間に不快感になります。
そのため吸水性だけでなく外からの空気を入れやすい通気性の良い生地を選ぶことが大事で、通気性と吸水性を前面に出しているパジャマを選んで購入すると良いですが、通気性が良いと保温性が失われるので、適度な通気性ということがポイントです。
最近では子供服にもいろいろな種類のパジャマがあって、キャラクターのパジャマも多くありますが、パジャマ選びで風邪の引きやすさが変わるので慎重に選びましょう。

イベント時の子供服

小さな子供がいる場合に、冠婚葬祭などがある場合は子供服選びに悩むことになりますが、冠婚葬祭はそうそうあるものではないので、子供用のスーツをその都度買い揃えるのかということが一つのポイントになります。
子供服の金額が下がっていると言われており、これは海外で製造されるコストがあまりかかっていない子供服を安く仕入れて販売することで実現しており、この流通システムが整ったことで安い子供服がたくさん販売されるようになったのですが、子供服が安くなったと言われても安くなったのは普段着が中心で、正装の子供服を購入する場合はかなり高くなっている場合が多くなっています。
結婚式のために子供用のスーツを購入しても、子供は急速に成長しているため、1年後はスーツが着られなくなっているのが普通で、たった一度冠婚葬祭のために高いお金を出して子供用のスーツを購入するのは避けたいと思っている人も少なくないと思います。
地域やしきたりによって一概に言えない部分がありますが、子供の場合は必ずしも正装である必要は無く、正装に近い子供服を着用するだけで良いケースもあるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
また、一度しかスーツを着ないのであれば新品のスーツにこだわるのではなく、最近では子供の中古服をたくさん取り扱っているところがあるので、中古の子供用スーツを購入するのも一つの方法で、この場合だとかなり安く購入できるのでおすすめです。

季節の変わり目に注意

子供に限らず大人でも風邪を引きやすいのは季節の変わり目と言われていますが、季節の変わり目は気温の急激な変化に体が対応できないことから風邪を引きやすくなっています。
気温変化による風邪の症状そのものは、そこまで重症化するケースも無いのですが、この気温変化による風邪を引いて体の抵抗力や免疫力が減ることによって空気中にたくさん浮遊しているウイルスが体の中で悪さをしやすい環境が作られることになるので、さらに重い症状の風邪を引きやすくなってしまいます。
最近では、季節の変わり目に急激な気温変化についていけずに、花粉症のような症状の気温差アレルギーと呼ばれるアレルギーを引き起こす人が増えていますが、気温差アレルギーを引き起こしてしまうと体の抵抗が弱ってしまうため、これがきっかけとなって体調を崩してしまう場合があります。
季節の変わり目に体調を崩さないためにも、しっかりと洋服で体温管理をしたいものですが、最近の子供服は機能性に優れている服も増えているので、気温に応じて柔軟に服を選ぶことができるというメリットがあります。
また、昔に比べると安価な子供服がインターネットを通して購入できることになったので、小さい子供がいて中々外に買い物することができないお母さんにとっては非常にありがたい環境になったと言えます。
暑い分には風邪引くことも少ないですが、寒くなると風邪を引きやすくなるので、できるだけ温かい恰好をさせると言うのがポイントです。

PAGE TOP