年齢・性別と子供服

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

新生児の子供服

新生児の場合は1カ月1カ月の成長が非常に早いため、子供服を購入してもすぐに次の子供服が必要になりますが、新生児は体温調整が上手ではないことに加えて、自分で口に出して物事を伝えることができないため、新生児の子供服を選ぶ場合はより慎重に選ぶ必要があると言えます。
ちなみに新生児の成長スピードが非常に早いということで、新生児の子供服を購入する場合は、購入する時点での新生児の大きさよりも一回り大きな子供服を購入するのがおすすめで、現状より少し大きな子供服を先行的に購入しておくことで、後で服が足りなくなったという状況を回避することができます。
また、新生児の場合は次々と子供服を購入する必要があるため、かなり洋服代がかかってしまうのが普通ですが、品質の悪い子供服になると肌荒れや吸収性の問題により風邪を引きやすくなることがあるので、できるだけ素材が良いものを選ぶことをおすすめします。
子供が生まれるとおしゃれな子供服を着させたいという人も多くいると思いますが、上に着る分にはおしゃれな子供服でも問題は無いものの、肌に直接触れる可能性のある服に関しては見た目よりも機能性や品質を重視することが大事です。
どの素材の子供服が安全でどの素材の子供服が安全でないということは、一概には言えない部分もありますが、子供服の値段が高いほど肌や汗に良い素材が使われているケースが多いので、素材や値段などを見ながら選んで行くようにしましょう。

乳児の子供服

乳児になると、新生児に比べると体温や抵抗力の面では落ち着いてきますが、新生児の場合は新生児用のおしゃれな子供服というのはそこまで無いものの、乳児くらいになるとデザイン性にこだわった子供服を多く見かけるようになるので、この頃から子供服に力を入れて購入するお母さんやお父さんが増えてきます。
子供服には様々なブランドがあるので、子供服にどれくらいお金をかけることができるのかということと、品質や素材、ブランドやデザインなど様々ある要素からどこに力を入れて子供服を選んでいくかということが一つのポイントになってきます。
ただし、乳児になるとミルクや離乳食で服を汚すことが増えるため、できれば高い子供服を買うのではなく、安い子供服を何枚か購入しておく方が便利です。
ちなみに服に付いてしまったミルクや離乳食に関しては、洗濯してもきれいにならないことが多くなっていますが、これはミルクや離乳食に含まれているタンパク質が固まるためで、こうなると普通に洗濯するだけでは汚れが取れない場合があります。
タンパク質は熱を加えると溶けやすくなるので、ミルクや離乳食が服に付着してしまった場合はぬるま湯につけて固形石鹸で丁寧に洗うと汚れが取れる場合がありますが、汚れが取れても染みは残る場合があります。
どうしてもシミをのけたい場合はクリーニング店に出すことをおすすめしますが、費用は高額になると考えられるので、よほど気にならない限りは煮沸消毒と洗濯をして使うことをおすすめします。

幼児の子供服

幼児になると、大人に負けないくらいの凝ったデザイン性の子供服が販売されているのを見かけるようになりますが、幼児の子供服に特化したブランドも多く、子供服の金額も高い子供服があれば格安の子供服もあるので、幼児の子供服を購入する場合は子供服にかけられる予算やブランド、品質、素材などいろいろある要素から総合的に考えて購入していくと良いでしょう。
また、幼児の場合もワンシーズンで服が着られなくなる場合がほとんどですが、少し大きめの服を購入しておくと、翌年になっても同じ服を着ることができるので、来年も同じ服を着せたい場合は予想される来年の子供の大きさから子供服を購入しておくことをおすすめします。
ただし、最近の子供服の金額が下がっていることに加えて、少し大きめの服を着せると動きにくくなることも想定されますが、来年まで服を置いておくということはそれだけスペースが必要になるということでもあるので、ワンシーズンで終わらせると言うのも一つの方法です。
幼児になると乳児に比べて体の動きが非常に活発になることから発汗がよくなるので、乳児の時よりもさらに吸水性の良い子供服を選ぶのがポイントで、通気性も十分にある子供服を選ぶようにしましょう。
また、幼児は活発に動くので服を汚す場合や痛めてしまうケースが増えてくるので、高い子供服を購入しても、すぐに傷んで着られなくなる可能性があるということを知った上で、子供服選びをすることが大事だと言えます。

小学生の子供服

子供服の中で一番需要が高くなるのが小学生用の子供服で、幼児までなら親のセンスで子供服を購入しても子供が文句を言うことはほとんどありませんが、小学生になると自我が芽生えるため、自分のこだわりが生まれるようになり、親が購入する子供服には満足しない場合があります。
小学生用の子供服は大人の服と変わらないくらいのデザイン性となっているため、小学生の子供服を購入する場合は親の目線だけではなく、子供と一緒に選んで子供が気に入った服を購入すると言うのが一つのポイントで、自分で服を選んで買う楽しみを体感できるため小学生になったら子供に任せると言うのも一つの方法です。
ただし、小学生の子供服でもハイブランドの子供服になると親が購入する服の値段を軽く超えてくるため、子供に任せて服選びをさせる場合は安い子供服通販や店舗型販売店に絞って選ばせることをおすすめします。
ちなみに小学生の低学年から中学年にかけては、身長の伸び率も安定している場合が多くなっているので、来年も着用することを想定して子供服を購入したので問題はありませんが、小学生の高学年になると成長期に入ってくるため、一年で10cm以上も身長が伸びることがあります。
そのため、高学年くらいになるとワンシーズンで子供服を買うことをおすすめしますが、成長期を超えると身長の伸び率も大幅に下がるので、長期間使用を考えた子供服選びが可能になりますが、身長によっては大人用の服になる可能性もあります。

男児の子供服

男児用の子供服ブランドは多くあるので、男児用の子供服を購入する場合にブランドにこだわって子供服を購入する場合は、それぞれのブランドの良さを事前に調べた上で購入することをおすすめします。
男児は女児に比べると服に対する執着心を持っているケースは少ないものの、最近では親の影響によっておしゃれにこだわりを持つ男児も増えていることから男児の子供服を選ぶ場合に洋服に興味を持っている男児の場合は、男児の意見も尊重して選んでいくことが大事です。
デザインセンスが無いという理由や、金額の面から子供に服選びをさせない親はたくさんいますが、子供に自分が着る服を選ばせるということは、自分で選ぶ能力が付くことになり、それで後から失敗したと子供が思っても、それが経験として後から生きることになるので、子供の成長を考えた場合にできれば子供の意見を尊重させるというのも大事なことだと言えます。
小学生の中学年頃までは、男児と女児の違いはそこまでありませんが、小学生の高学年になってくると男児の成長が急速に進む場合が多く、小学4年~5年生になると大人と同じくらいの体格になる小学生も珍しくないので、こうなってしまうと子供服では対応できないため親と同じ服を購入する必要が出てきます。
男児の場合は成長期を挟んで、子供服から大人服に代わる場合が多いので、デザイン性の高い子供服を子供の着せて楽しむなら小学生の中学年頃までにたくさん満喫しておきましょう。

女児の子供服

男児の場合は子供服に興味を持つ子供が少なく、興味を持っても小学生に入ってくらいからですが、女児の場合は幼児のころから洋服に対して執着するケースが多く、自分の気に入らない子供服を与えられたら機嫌を損ねることもあるので、男児の子供服を選んで購入するよりも女児の子供服を選んで購入する方が気を使うのが一般的です。
男児よりも女児が洋服に強いこだわりを持っているということで、子供服市場も男児に向けた子供服よりも女児に向けた子供服の方が圧倒的に多くなっていますが、小学生くらいになると洋服のデザイン性だけでなくブランドにこだわりを持つような子供もいるので、上手に購入することが大事です。
ブランドにこだわりを持つ女児が増えるということで、ブランドが欲しいからと言って簡単に買い与えるのは教育上の観点からもお金的な面でもよくありませんが、この場合は安い子供服通販など安い子供服で良いので自分で洋服選びをさせることによって満足する場合があります。
男児の場合は着ていた服を来年着ても文句を言わない場合がほとんどですが、女児になると毎年同じ服を着ていると文句を言う場合も多く、どう言い聞かせるのか迷うところでもあります。
お金の大切さをきちんと伝えることも大事ですが、安い子供服をワンシーズンごとに購入するようにして、デザインなどを任せるようにすればお金の面での負担も少なく、選べる楽しみがあることから子供服を購入する本人も満足するのでおすすめです。

PAGE TOP